HOME>>会社案内>>  グローバルネットワーク

会社案内

会社案内TOPグローバルネットワーク

世界をネットワークするダイニチの情報網

日本は漁業国といわれてきましたが、実は養殖漁業の先進国は北欧やカナダ、オーストラリアなど、これらの国では大規模なサケの養殖が行われており、さまざまな飼料や資材の開発が進んでいます。また、日本で資源の枯渇が問題となっている養殖飼料材料の小魚も、海外の海ではまだまだ豊富です。商品だけでなく情報も重要な取引品目です。ビジネスや、その背景となる海洋資源の分布状況が変化する中で、海外情報網はダイニチの大きな資産となっています。

各国拠点

ネットワークは地球規模。


CHINA
飼料、稚魚など取引品種も拡大し、中国企業との関係は深まっています。
 

PLASTIC FABRICATIONS PTY LTD.

プラスチック製の生け簀はオーストラリアから。直径11m-70mの対応可能でマグロ養殖に最適です。

EWOS CANADA LTD.

世界有数の飼料メーカーであるEWOS社と日本における総代理店契約を結んでいます。

LOS ANGELES OFFICE

飼料原料の輸入及び北米への鮮魚輸出の為に、アメリカ ロサンゼルスに駐在員事務所を構えています。

 

CORPESCA S.A.

SIQUALITY S.A.

モイストペレットに使用する魚粉は南米の現地メーカーから直接買い付けています。

PESQUERA LA PORTADA S.A.

モイストペレットのカロリー源となる魚油はチリ製のものを使用しています。

 

海外事業

グローバルスケールのビジネスを展開。

■海外展示会・商談会への参加

ダイニチの海外展示会視察は平成7年から始まりました。その後、各種の展示会に参加し、グローバルスケールで情報収集につとめています。近年は、海外商談会にも参加して日本の養殖ビジネスの海外展開の可能性をさぐると共に、本格的な「グローバルビジネス」への足固めを行っています。

■EWOS社との取引

世界トップの養殖用飼料メーカー、EWOS社の日本における独占販売権の取得も、海外展示会への参加がきっかけでした。EWOS社はノルウェー、カナダ、スコットランド、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、スペイン、ギリシャ、チリ各国に事業展開するグローバル企業。地球規模での資源の変動や漁獲量の変化などの情報も蓄積しています。ダイニチのグローバルビジネス展開において、EWOS社の存在はきわめて大きい意味を持っています。

■世界からの調達

この他、ダイニチが販売する製品には海外から調達した原料や製品が少なくありません。モイストペレットの原料となる魚粉をはじめ、魚油、稚魚、針金、プラスチック生け簀など、調達先は世界7ヵ国に広がっています。視野をグローバルに拡大することによって、ダイニチはこれからも、製品の品質アップ、原材料の安定仕入、コストの低減化などを図っていきます。

リンク

EWOS CANADA LTD.
http://www.ewos.com
PLASTIC FABRICATIONS PTY LTD.
http://www.plasticfab.com.au/
チーム国光
http://www.teamkunimitsu.net

チーム国光は全日本GT選手権に参戦しているレーシングチームです。ダイニチはチーム国光のスポンサーとしてRAYBRIG NSXを応援しています。

チーム国光