HOME>>水産事業>>  海南シーフードセンター

水産事業

水産事業TOPダイニチブランド水産養殖海南シーフードセンターTokyoBase小売ギフト飲料水

概要出荷加工冷凍鮮度

衛生管理は宇宙規模。

細部にわたる厳しい衛生管理が
食品の安全性を実現します。

皆様のお口に入るものだからこそ、幾重にもチェックの目を光らせて─。
水産加工メーカーでもあるダイニチは、食品の安全性が問われ出すはるか以前から、厳しすぎると評されるほどの卓越した衛生管理を貫いてきました。国際的な総合衛生管理・製造手法「HACCP(ハセップ)」に対応した加工場はその一例で、場内はもちろん、製造者や周辺環境の衛生まで網羅するハイレベルな安全性を実現しています。今後も「より安全、より安心」を不変のテーマに一層努力していきます。

HACCP

 

水産食品加工施設HACCP認定工場

高水準の安全性を追求するHACCP認定工場

HACCPとは、1960年代アメリカで宇宙食の安全を確保するために開発された「品質管理システム」のことで、製造食品はもちろん、製造者・工場・周辺環境の衛生状態に至るまでハイレベルに安全性が要求されます。特に魚介類などの生もの製造においては特有の危害が起こり得ます。この厳しい管理を行ってこそ、異物混入や微生物汚染といった危害の発生を未然に防ぎ、消費者に「より安全で、より安心」な高品質の商品を提供することができるのです。

 

2015年5月 EU HACCP認証も取得しました。

ヨーロッパにも輸出可能となり、更に世界へ日本の養殖魚の おいしさを伝えてまいります。
そして世界最高レベルの衛生基準であるEU HACCP認証を 保持し続けるために、現状維持ではなく更なる安全・安心を 追求し続けてまいります。

 

海南シーフードセンター外観 和歌山県海南市

衛生管理

異物・虫の混入を防ぎ、クリーンを保つ知恵の宝庫

(1)工場内への侵入防止

商品が入・出荷時に通る前室は、スティールシャッター(外側)とクイックシャッター(内側)の2重扉。開放部分を減らすべく、同時に扉が開かない相互開閉式になっています。また、当加工場は無窓式であると同時に、防虫メッシュ付換気口・防虫対策付排水口を設けるなどまったく虫の侵入口がありません。前室入口部をはじめ、工場敷地内の要所にはイエローランプを配置し、虫が近づけないようになっています。

シャッター
シャッター

イエローランプ
イエローランプ

 

異物・虫の混入を防ぎ、クリーンを保つ知恵の宝庫

(2)清潔エリアへの侵入防止

汚染エリア・清潔エリアの明確なゾーニング、および原料も人もワンウェイでしか通れない動線を設定。空気の流れは、原料の流れとは逆に、クリーン度の高い清潔エリアから汚染エリアに流れる陽圧制御システムを採用するなど、汚染の侵入を徹底的に排除しています。

 

(3)厳しい衛生管理はユニフォームにも

加工場内で使用したユニフォーム類の洗濯・乾燥は、すべて加工場内の洗濯室で処理。ホコリなどが付着し、工場内に持ち込まれることを防ぐため、家庭での洗濯や外気に触れる乾燥はいっさい禁止されています。

品質管理

徹底した品質管理で安全を確保

(1)規格水準を越えた細菌検査

品質管理には、滅菌機・恒温器など細菌検査に必要な器材を完備。「生食用鮮魚貝類:腸炎ビブリオ、生食用冷凍品:腸炎ビブリオ・一般生菌数・大腸菌群」といった規格水準検査項目に加え、黄色ブドウ球菌の検査も行います。日常の簡易検査においては週数回の頻度で、ペトリフィルムやフードスタンプなどの検査キットを用います。また、加工場内のまな板や包丁類、加工用機器類、作業台などについても、頻繁に拭き取り検査・工程検査を行い、従業員への清掃確認および衛生教育に役立てております。

品質保証室
品質保証室

 

(2)加工場内の環境管理

室内温度はつねに15℃、湿度はウェットエリアで80%、ドライエリアで60%以下をキープ。品質管理では、適切な状態の元で製造できるよう、加工場内の空調および換気の管理も行っています。

排水処理

周辺環境に配慮した排水処理施設

加工場で生じた排水は自社の排水処理場へ送り込まれます。
排水処理場では、不純物などを微生物活性汚泥法で浄化し、浄水だけを海に流します。
人目に触れにくい排水の流れは、品質保証室でしっかりチェック。
自然との共生はダイニチの事業の要です。

排水処理施設
排水処理施設

設備管理システム

細菌の繁殖を許さない近代設備と管理システム

(1)高効力で環境にやさしいカンファ水

カンファ水とは、厚生労働省が食品添加物として認可した殺菌剤、次亜塩素酸ソーダを主体とする安全な殺菌水です。ほとんどの菌に対応し、長時間にわたり効果を持続。しかも、菌に触れたり有機物に接触すると普通の水に戻ります。下処理室・加工室では、ミスト状のカンファ水を定期的に自動噴霧。製品の洗浄に25ppm、工場内機器類の殺菌・洗浄および室内の浮遊菌の殺菌対策に50ppmのカンファ水を使用しています。

カンファ水
カンファ水

 

(2)衛生最優先のサニタリールーム

加工場では、外からの菌を防ぐことがもっとも大切。清潔エリアから汚染エリアに移動する以外は、どのエリアに入るにもサニタリールームを通り、そこで手の洗浄はもとより、ユニフォーム類も着替えなければなりません。扉は人の手が触れて菌が付着しないよう、取っ手のない自動開閉ドアになっています。特にクリーンさが要求される包装室は、30秒以上エアーシャワーを浴びないと自動ドアが開かないシステムです。

エアーシャワー
エアーシャワー